奈良風俗求人の応募先で出会った男性

奈良風俗求人の応募先で、私の人生を変えてくれた男性と出会った後、私はサービス時間が未だ残っていたので悔しくて泣き続けました。正直この時はいっそデリヘルから足を洗って普通の風俗店へと移籍しようかと考えていたほど悲しかったです。でも今もこうして奈良でデリヘルを続けているということは私の中で悲しいというよりも悔しい気持ちが勝ったからでしょう。悲しみ全てを悔しさへと変えた私は泣くことを止めて、化粧が落ちない程度に軽く濡れタオルで顔をポンポンと弾くように拭き、屈辱を味わったホテルから立ち去りました。事務所へと売上金を持ってきた私は娘が風邪をひいたので早退しますと嘘をついて、メラメラと燃え上がる復讐の炎を絶やさないように帰宅して眠りにつきました。
翌朝、娘を幼稚園へと行かせた私は、シフトは入っていなかったのですが急遽出勤できるという旨を伝えて出勤しました。昨日の今日で何が変わったのかと言われれば、正直テクニックの面ではこれまでの実績から考えても他のデリヘル嬢に劣っているとはとても思えなかったので、何も変わっていません。しかし、私は指名のない状況をいいことに個人に割り当てられた待機所で奈良のデリヘルというサービスについてじっくりと考えることにしました。考えに考えを重ねて導き出した結論は、Mの男性に聞いてみよう作戦でした。今までの私はデリヘル店で自分がSだから傍若無人に振る舞ってさえいればMな男は勝手に喜ぶという考えだったのですが、その考えがまずかったと判断した私は直接聞いてみようという考えに至ったのです。『わからないことは聞いてみる』小学生の先生に習った基礎知識を、原点に戻ることで再び思い出した私は心なしか心晴れやかな気分になっていました。
そんな時新規のフリーで利用するお客さんが来店してきました。お店はたまたまスケジュールの空いていた私を選んでくれて、私は早速指定されたホテルへと移動を開始しました。ホテルに着くまでの間にもこれまではお金の事しか考えていませんでしたが、何故か利用する客はどんな人で、どんなことを求めているのか、ということが気になって仕方がありませんでした。そんな自分の心境の変化に驚きながらも、指定されたホテルへとやってきた私は、部屋のドアを叩くなり、これまでには見せたことのなかった最高の笑顔でお客さんが出てくるのを待ち構えていました。
「奈美です。本日はよろしくお願いします」
にこやかな笑みを浮かべたまま、相手の顔を見るとある事実に気が付きました。

関連記事

奈良風俗求人と評価基準

奈良風俗求人とAV女優

奈良風俗求人に関する女性の話

奈良風俗求人とぽっちゃり女性

奈良風俗求人と初恋の男性

奈良風俗求人と男性の欲求