奈良風俗求人に関する女性の話

・奈良風俗求人を知るために

奈良のシティホテルに現れた風俗嬢は、まるで絵本の世界から出てきたような可憐な美少女だった。都会の風俗店でもここまでの美少女に出会ったことがなく、扉を開けてしばし固まっていたが、少女の「あの、入ってもいいですか?」という声で目が覚めて、部屋へと連れ込んだ。彼女は奈良風俗求人の求人を経てお店で働き始めたようだ。すぐに利用できる子=人気がないという想いから指名をしなかったのだが、まさかの美少女に戸惑った私は世間話を一切せずに、奈良風俗求人の求人情報から現状への不満を聞き出そうとしまった。当然女の子は私に気を許していないためそんな話に全く興味を示すことはなく、笑って流されてしまう。私はプレーで挽回しようと思い、張り切ったのだが都会で磨かれたテクニックは奈良風俗の彼女にとって痛いだけのものだったらしく、しかめっ面を引き出してしまった。最後まで空回りを続けた私は、雄ライオンになることもなく子ライオンのように縮こまってしまい、こうして私の奈良風俗の初体験は大惨敗に終わったのである。次回は必ずリベンジすると誓って…。そして奈良風俗求人のことがもっと分かれば良いと思う。

・奈良風俗求人で働く有名嬢

即尺するとほかの街からやってきた営業マンは相当溜まっていたようで、5分程度で一発目の射精を迎えた。口内発射だったのでティッシュに出してしまおうか迷ったが、有名風俗嬢をより印象付けるためペニスを咥えたまま精子を飲み込むと、私はフニャフニャちんぽを自慢のバキュームフェラチオで再びイカせるべくサービスを続けた。営業マンはちょっと待ってと私を制止したが、膝ががくがく震えていて力が出ないのか、私を剥がすこともできず大の字で床へと倒れ込んだ。フェラチオを続けていると精子とは少し違うような液体が男性のペニスから出てきたのを確認した私はようやく口からペニスを外し、営業マンに潮吹きの様子を見せつけると、驚いた顔をして開いた口が塞がらない営業マンにこう囁いた。
「ようこそ、奈良の風俗へ」
こうして私はますます奈良風俗求人の有名嬢としてその名実を共に高めることになったのだが、奈良に来てから一年経つが他の地域に移動していなかった。理由は二つあり、サービスを自由に行える点と待機部屋が素晴らしい点だ。この二つを同時に満たせるのは奈良風俗求人だけだと確信した私は今も奈良のどこかに潜伏しています。

関連記事

奈良風俗求人とぽっちゃり女性

風俗業界で活躍する方法【半面教師】

奈良風俗求人に応募して働く専業主婦

奈良風俗求人と女子大生

奈良風俗求人と初恋の男性

奈良風俗求人と男性の欲求